精製

材料の特性によって、均一化フェーズの後に行う処理が決まります。金の含有率が比較的高い合金の場合は、ミラー炉での塩素処理によって前処理を行います。

この乾式冶金処理によって、金、銀、および銅に一次分離されます。

分離された金アノードは、電解漕でさらに処理されます。ミラースラグとなった銀および銅は、銀回路に送られて処理されます。

次のフェーズ (金製品) を見る